忍者ブログ

ネオクラしよう!

最近の日本のヒットチャートを始めとして、音楽全般についてアレコレと語ります。

06/23

Fri

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09/14

Wed

2011

玉木宏って歌わなくても大丈夫そう。

俳優としてもシンガーとしてもイケてる福山雅治ってやっぱりスゴイですよね。
本職である俳優としての活躍は当然としても、自分で作ってヒット曲を出しちゃうところが、素晴らしいと思います。
実際、福山さんの知名度もあるだろうけど、曲自体が良いから売れている要素が大きいので、多くの方に支持を受けているのではないかと思います。

それで、俳優として大人気の玉木宏さんも、実は歌もやっているんですよね。
この間、ミュージックステーションに出演していてビックリしました。
確かに、あの低音ボイスは、シンガーとしても魅力をアピールできるのだろうと思います。
ただ、曲を聞いてみましたが、まったく響くところがありませんでしたね。
むしろ、玉木宏自体が軽く見えちゃったような感じがしたんです。

そんな印象をもたれるくらいなら、俳優に絞って活躍しておいた方が良いのかなって思いました。
もちろん幅を広げる努力は大切だと思いますが、どうせやるならヒット曲を用意して挑戦して欲しいですね。
玉木さんて福山さんの後を継ぎそうな感じがするし、変なところでこけてほしくないな~

■最近見なくなった
イケメンの俳優さんの旬な時期って本当に短いですよね。
3年くらいではないでしょうか。
一時期は、反町隆史に竹野内豊でしたが、それから、色々な俳優さんが出てきては消えていっていますからね。

今、勢いのあるのは向井理さんでしょうか。
その前は玉木宏さんだったような気がしますし、流れが早すぎます。

そんなに短いのなら、細く長く生き残る方が賢い生き方なような気がしませんか?
これは他の仕事に関しても当てはまるのかもしれません。
とにかく地道にコツコツと生き抜いていきましょう!
PR

08/20

Sat

2011

少女時代のパクリ?

最近、CMを見ていると、
「少女時代かな?」
と思うと、日本のアイドルグループだったりする。
というようなことが2組立て続けに起こった。
一つはAKB48の類似グループと、もうひとつはまったく知らないグループだった。

少女時代っぽい。
というのは、どういうことかというと、
センター一人を頂点とした、逆三角形のフォーメーションを取って、スタイルをよく見せる少しセクシーな衣装を着て、さらにクネクネしたようなダンスを踊っているということだ。

まあ人気があるグループを見本にするのは良いことなので、マネするのはいいとして、一つ疑問を感じる。
なぜ少女時代なのか?
ということだ。
彼女達は韓国では人気があるけど、日本ではパッとしてないのが正直なところだろう。
どちらかというと、KARAの方が盛り上がっている。

だから、取り入れるべきはKARAじゃないのか?
と思うのだけど、KARAのパクリと言えるグループは、まだ見かけてないな。

KARAの良さは、やっぱり曲が良いというところと、日本人受けするビジュアルだと思う。
少女時代は正直、今の日本の若者にはキツイのではないだろうか。40代以上はああいうのが好きそうだけど。
KARAは今の若者受けするメイクや衣装だから、受け入れやすいんだよね。

しかし、本当にこれからの日本の音楽業界の方向性はわからないよね。
KPOP含む海外勢がどんどんと出てくるのか。日本の音楽で良いものが出てくるのか。
AKB48みたいに勢いで流行らせるのは、あんまり歓迎しないけどね。

■竹島問題の影響?
相変わらず、フジテレビやBSでは韓国ドラマがやっていますが、KPOPのアイドル達をめっきり画面で見ることがすくなくなってしまいました。

コレに関しては日本人からの反発というより、国内からのプレッシャーの方が大きいような気がしますね。
そういえば、日本で営業している韓国料理店などは影響を受けていないのでしょうか?
日本に根付いている方には本当に迷惑な話ですよね。
何とか、しばらくの間乗り越えてもらいたいものです。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

借金相談

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © ネオクラしよう! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]